ブログ

御城印が人気の理由とは?御朱印の違いや販売場所についても紹介

2022.05.18 | コラム

城に訪れたことを記念して発行される御城印は、城ごとにさまざまなデザインがあります。魅力的な御城印を発行しているお城には多くの観光客が訪れるため、観光や街おこしに活用されています。和紙の印刷工房ではおしゃれで魅力的な御城印のデザイン・印刷を承っております。

近年は神社やお寺でいただく御朱印あつめが人気を集めていますが、お城でもらえる御城印もひそかなブームになりつつあります。

御朱印に関しては、テレビや雑誌などのメディアでも広く取り上げられているので知っている方も多いと思いますが、御城印については「どこでもらえるの?」「御朱印とは何が違うの?」など、基本的な知識を持っていない方も少なくありません。

そこで今回は、御城印が人気を集めている理由や、御朱印との違い、御城印が販売されている場所などの情報をまとめました。

 

御城印が人気の理由

城の登城を記念して発行される「御城印」が誕生したのは、今から約30年前のことといわれています。

つい最近までは知る人ぞ知る存在でしたが、ここ数年で瞬く間に知名度がアップし、御朱印に続くブームとなっています。

人気が出たきっかけはTwitterをはじめとするSNSで、それまで御城印の存在を知らなかった人たちが興味を持ち、ブームの火付け役になったといわれています。

 

人気の理由は大きく分けて2つあり、まず1つ目は城ごとにデザインが異なるところです。

筆書きされた城の名前に、城主の家紋などの印が押されているスタイルが一般的ですが、御城印によっては背景に城のイラストを入れたり、箔や色をつけたりしているものもあります。

御城印には登城した日付が記載されるので、旅の思い出として購入したり、コレクションにして楽しんだりしている人も多いようです。

 

2つ目の理由は、1枚あたりの価格が比較的安く設定されているところです。

御城印の発行料は城によって異なりますが、1枚あたり300円前後がおおよその相場となっており、子どもから大人まで、誰でも気軽に購入できるところも人気の秘密となっています。

 

御城印と御朱印の違いとは

御城印と御朱印は一字違いの単語なので、しばしば混同されることもありますが、両者はまったく性質が異なるものです。

 

まず御朱印とは、神社やお寺を参拝した証に発行してもらうものです。

原則として専用の御朱印帳が必要で、参拝した後に持参した御朱印帳に筆書き・押印してもらうのが一般的です。

御朱印あつめが流行している現在は、混雑対策や業務の負担減のために印刷した御朱印も多く発行されていますが、参拝した後にいただくという点は共通しています。

なお、御朱印は神社またはお寺でしか発行してもらうことはできません。

 

一方の御城印は、城を訪れた記念に発行するもので、登城の証というよりは、お土産に近い存在です。

城を訪れた記念と説明しましたが、実際は登城する必要はなく、御城印のみ購入してもかまいません。

また、その場で筆書き・押印しているところも多い御朱印に対し、御城印は基本的に印刷または事前に書き置きしたものを販売するのが一般的です。

購入場所も城だけに限らず、他の場所・方法で購入することが可能となっています。

御城印の購入場所について、詳しくは後述します。

 

御城印の販売場所

御城印を販売している所は、城内のほか、その周辺にある観光案内所や資料館、土産物店など、さまざまな場所で販売されています。

地域によっては道の駅での販売や、インターネット販売、郵送販売に対応しているところもあるようです。

ただ、御城印を観光の起爆剤に活用している場合、現地販売を原則としているところもあります。

御城印あつめに興味のある方は、事前にお目当ての御城印の販売場所はどこなのか、観光案内所やインターネットなどで確かめておくことをおすすめします。

 

和紙の印刷工房の御城印の実績を紹介

御城印は城ごとにデザインが異なり、おしゃれな御城印を発行しているお城や周辺の観光案内所、土産物店には、多くのお客さんが集まります。

和紙の印刷工房では、オリジナリティが高く、魅力的な御城印の印刷・加工サービスを行っています。

地域活性の起爆剤としておしゃれな御城印の製作を検討している方は、ぜひ和紙の印刷工房にご依頼ください。

 

ここでは和紙の印刷工房が手がけてきた御城印の実績を紹介します。

【ちぎり加工・箔押しを施した高級感のある御城印】

和紙の印刷工房では、ただ和紙に文字を印刷するだけでなく、ちぎり加工や箔押しを施すことができます。

ちぎり加工を施すと御城印全体が柔らかな印象になり、箔押しをすると文字やイラストにカラーと光沢をつけることができます。

ちぎり加工と箔押しを組み合わせると格調高い御城印になるため、お正月など期間限定で発行する特別な御城印を製作したいときなどにおすすめです。

 

【墨絵の質感がスタイリッシュな御城印】

和紙の印刷工房では、和紙へのイラスト印刷にも対応しています。

一般的なカラーイラストはもちろん、墨絵風のイラストを前面に印刷することも可能です。

墨絵の質感を活かすために、あえてインキが和紙になじみやすいオフセット印刷で製造するところがポイントです。イラストの再現性を優先する場合は、オンデマンド印刷をおすすめすることもありますが、絵柄とご要望により印刷方式を提案させていただきます。

さらに、文字や家紋の部分にメタリックな箔押しを施すと、迫力のある仕上がりになります。

 

このほかにも、和紙の印刷工房では、お客様のご希望に合わせた御城印の印刷・加工を承っています。

御城印の印刷について、詳しくはこちらをご覧ください。

https://washi-insatsukobo.com/case/%e5%be%a1%e5%9f%8e%e5%8d%b0%e3%80%80%e5%8d%b0%e5%88%b7%e4%ba%8b%e4%be%8b

https://washi-insatsukobo.com/blog/546.html

 

まとめ

御城印はお城を訪れたことを記念して発行されるもので、当のお城はもちろん、周辺の観光地や土産物店、道の駅などでも販売されています。

城によって御城印のデザインが異なるため、旅行の思い出づくりや、コレクションとして御城印を集める方も多く、観光の起爆剤としての活用が期待されています。

魅力的なデザインの御城印はSNSなどで話題になり、観光客を呼び込むきっかけにもなりますので、御城印の発行を検討する場合は、デザインにもしっかりこだわってみましょう。

和紙の印刷工房では、お客様のご要望に沿った御城印のデザイン・印刷・加工を承っております。

御城印のデザイン作成も含めたご依頼なら、ぜひ和紙の印刷工房までお気軽にお問い合わせください。

 

https://washi-insatsukobo.com/contact

お見積り・サンプル請求は下記よりお問合せください

  • 和紙印刷お見積り
  • 和紙シールお見積り
  • 御朱印お見積り
  • サンプルご請求

使いたい和紙や、サイズなどをお知らせください。『デザインデータ』『手描きイメージ』などの添付も可能です。