ブログ

和紙の箔押し加工とは?3つの箔押しするメリットや実績も紹介

2022.05.16 | コラム

和紙でより特別感のあるラベルやカードを作りたいというときにおすすめなのが「箔押し加工」です。箔押し加工をすることで、相手の目を引くアイテムを作ることができます。今回は箔押し加工の特徴やメリットを和紙の印刷工房の実績とともに紹介していきます。

より華やかなデザインにしたい、和紙の素朴な風合いを大切にしながら目立つラベルを作りたいとお考えの場合は、箔押し加工をご検討ください。

今回は、さまざまなシチュエーションで使うことができる箔押しの魅力やメリットについて紹介していきます。

 

箔押し加工の特徴とは

はじめに箔押し加工とはどういったものなのか、その特徴について紹介していきます。

 

【熱と圧力を利用して箔を転写する】

箔押し加工とは、インキを使う通常の印刷方法とは異なり、金属などの素材でできた箔版(銅板、マグネシウム版など)を使う加工方法です。

金箔などの箔を熱した版を用い、専用のプレス機で転写します。熱と圧力を利用するのが特徴で、ホットスタンプともいわれています。

和紙などの紙はもちろん、革やプラスチックなどにも印刷が可能です。

しかし、箔押しはオフセット印刷と比べると再現性が低いため、細かい線が潰れやすく、ベタと呼ばれる塗りつぶしが苦手といった特徴も

持っているので、デザインへの考慮が必要です。

 

【和紙との相性が抜群】

箔押し加工は、和紙の印刷にも使用されることが多く、和紙との相性のいい加工方法です。

独特な風合いのある和紙の中に、和紙とは違う風合いを足すことができるため、インキでの印刷とは違う見た目を楽しむことができます。

箔押し加工はさまざまな用途で使えるのも魅力的なポイントです。お酒や食品のラベルに使用されることも多いですし、御朱印にも使われます。

和紙のラベルを更にランクアップさせることができる加工方法です。

 

和紙に箔押し加工をするメリット3選

和紙に箔押し加工をすることで、さまざまなメリットが生まれます。

今回は、箔押しのメリットを3つご紹介します。

 

1. 見た目が華やかになる

箔押し加工のメリットの1つ目が、見た目の華やかさです。

金箔や銀箔などを使用して箔を転写させることができるので、和紙だけでは表現できない華やかさを表現することができます。

とにかく見た目を豪華にしたいという場合におすすめの加工方法です。

ぱっと目を引く見た目になるので、商品が目立つようなラベルを作りたいときや、他とは違う特別感を出したいときにもぴったりです。

 

2. 和紙とは違う質感を楽しめる

和紙には和紙ならではの独特な風合いがあります。

和紙の種類などによっても微妙に違う風合いを楽しむことができるのも魅力ですが、更に和紙とは違う質感を足したいというときにも、箔押し加工はおすすめです。

箔押し加工だと、和紙にはないキラキラとした光沢感を出すことができますし、凹凸や繊維の多い和紙の一部分に、ツルリとした質感を足すこともできます。

また、箔押し加工といえば金箔のような光沢感を想像しますが、光沢感を抑えた色合いにすることもできます。特別感はほしいけど、金、銀のような華やかさは抑えたい人は、ぜひ黒箔や青箔などの色をチェックしてみてください。

箔押し加工ならではの味を和紙の中で楽しむことができるので一味違うデザインにしたい場合はおすすめです。

 

3. どんな厚さの和紙にも対応

箔押し加工のメリットの3つ目は、和紙の厚さに関わらず加工が可能だという点です。

和紙は種類によって厚みにも幅があります。

印刷方法によっては厚みのある和紙が難しいこともありますが、箔押し加工は厚みのある和紙にも加工できるのが魅力です。

反対に、薄い紙にも箔押し加工は可能です。

しかし、箔押し加工をしたときには独特の凹みが生まれ、それが箔押し加工の味にもなるのですが、薄い紙はそういった凹みが生まれにくいので薄い紙に箔押し加工を行うときには注意が必要です。

 

和紙の印刷工房の箔押し加工の実績を紹介

ここからは、和紙の印刷工房で実際にどのような箔押し加工が行われているのか、実績や特徴を紹介します。

実績を参考にしていただくことで、より和紙に箔押し加工を施したときのイメージがしやすくなります。

 

【賞状やのし紙などお祝いごとでの使用にも最適】

華やかな雰囲気を出すことができる箔押し加工は、お祝いの席で使用するのにもおすすめです。

和紙の印刷工房では、細かなデザインもきれいに印刷することができるため、結婚式やフォーマルな場に最適な加工に仕上げます。

型を作成する箔版の素材は、銅、マグネシウム、真鍮などさまざまな種類があります。

一般的には、ロットが多いものは銅板。少ないものは、マグネシウム版をおすすめします。銅板は、マグネシウム版に比べると高価ですが、その分耐久性が高く長持ちします。

 

【金、銀以外のあらゆる色に対応可能】

箔押し加工といえば金箔や銀箔をイメージする人が多いかもしれませんが、実は金、銀以外の色も箔押しすることができます。

特別感はほしいけど、金、銀のような華やかさは抑えたい人は、ぜひ金、銀以外の色をチェックしてください。意外なところでは、黒の箔というのもございます。オフセット印刷よりも濃く見え、箔独特の光沢感もあるため高級感がアップします。

和紙は繊維が多く含まれていることもあり、表面が粗い質感になっています。そういった粗い質感の紙に箔押しをすると、印刷したときの箔の抜け具合などに違いが生まれるので、事前の打ち合わせを入念に行うことで、よりイメージに近い箔押し加工を選ぶことができます。

箔押し加工を行うときには、前述した通り、箔版の素材や厚み、箔の色、和紙の種類など決めなければいけないことがとても多いです。

普段箔押し加工に馴染みがある人は多くないため、決めるのは難しいかもしれません。

和紙の印刷工房では過去の豊富な実績にもとづいてアドバイスを考えたうえで、お客様のご希望に沿って仕上げさせていただきます。

より自分のイメージに近い箔押し加工を行うために、ぜひ和紙の印刷工房にご相談ください。

加工:箔押し

まとめ

ここまで、和紙の箔押し加工について紹介してきました。

華やかな見た目にしたいときや、一味違うデザインにしたいときにはピッタリの加工方法です。

和紙の箔押し加工を検討しているなら、和紙の印刷工房にお気軽にご相談ください。

https://washi-insatsukobo.com/contact

お見積り・サンプル請求は下記よりお問合せください

  • 和紙印刷お見積り
  • 和紙シールお見積り
  • 御朱印お見積り
  • サンプルご請求

使いたい和紙や、サイズなどをお知らせください。『デザインデータ』『手描きイメージ』などの添付も可能です。