TEL:0257-22-6100 FAX:0257-22-6180

mail:p-creator@tenzuido.co.jp

《大正10年創業 新潟県柏崎市の印刷会社》株式会社小竹天瑞堂 運営

和 紙 の 種 類

和紙にはどんな種類があるのか?

「和紙」とは、大きな繊維を残したものからきめの細かいものまで様々ありますが、本来は楮(こうぞ)や三椏(みつまた)などを原料に手漉きで作る紙を指します。ですが、現在では機械を用いた「機械漉き」のものも広く流通し、手漉きの和紙以上に多種多様です。そのほか、厳密には和紙ではありませんが、洋紙に和紙のような風合いを持たせた「和紙風の洋紙」なども「和紙」に含めて扱われる場合があります。当社では和紙(洋紙含む)を「手漉き和紙」「機械漉き和紙」「和紙風洋紙」の3つに大別し、それぞれに多数の印刷実績を持っております。

一 般 的 な 和 紙

ひと目で「和紙」と分かる質感を持つものが多く、印刷や加工の難易度はやや高めです。

しかし、高級感を感じさせる和紙らしい風合いは敢えて選ぶ価値があります。

和紙の風合いが活きるシンプルなデザインと相性が良く、

単色印刷などでコストを抑えても高級感をアップさせることが出来ます。

紙に表と裏があるため、片面のみ利用する印刷物に向いています。

お す す め の 用 途

片面のみ利用する印刷物と相性が良いです。

日本酒ラベル/食品ラベル/のし紙/掛紙/お品書/便せん

・奉書紙 (ほうしょがみ)

拡 大

古くから公用書や浮世絵版画に用いられてきた和紙。表は滑らか、裏は素朴な風合いでどちらの面も使うことができます。

・金銀振り(きんぎんふり)

拡 大

金や銀の細かな箔や切箔を散らしたもの。高級感と華やかさがありお祝い事などにも用いられます。

・大礼紙(たいれいし)

拡 大

「はな」と呼ばれる短めの繊維が入った上品な印象の紙。名前は昭和天皇即位式の「大礼の義」にちなんでいます。

・雲龍紙(うんりゅうし)

拡 大

ちぎった楮(こうぞ)の長い繊維を入れて雲のような模様を表現。落ち着いた華やかさがあります。

・楮 紙(こうぞし)

拡 大

楮を原料に作られた紙。丈夫なため古くから公文書、経典、書籍などの他、和傘、障子、襖にも用いられてきました。

【注意点】用紙の特徴から、インキを吸いやすく色鮮やかな仕上りは苦手です。毛羽立ちのある質感や、繊維が入っているなどの影響によりムラが出来やすい場合がございます。用紙本来の色味や、色付きの場合は用紙の色が仕上りに影響します。また、表と裏があるためのどちらを使用するかも仕上りに影響します。

和 紙 風 洋 紙

和紙のような風合いをもつ「洋紙」で、カラーやエンボスなどのバリエーションが豊富です。

一般的な和紙と違い、表と裏に質感の差がなく印刷適性も高いため両面印刷も行えます。

「比較的安価」「カラー印刷に適性がある」「加工しやすい」などの特徴から、

カラー印刷や特殊加工に和紙の質感をプラスしたい場合などに用いられます。

ただし、種類の多さから上記の特徴が当てはまらないものもあり注意が必要です。

お す す め の 用 途

表裏の質感に差が無いため両面印刷にも使用できます。

日本酒・食品ラベル/化粧箱/冊子の表紙/ショップカード・名刺

・新だん紙

拡 大

壇紙の風合いをもとに作られた洋紙。一定方向に入った細かなシワが特徴。

・タント

拡 大

細かな凹凸感が独特の風合いを感じさせます。豊富なカラーバリエーションは、印刷と合わせやすい淡い色も多い。

・里 紙

拡 大

和紙を思わせる温かみのある柔らかな風合いの紙。落ち着いた色合いのカラーバリエーションが豊富。

【注意点】和紙と同様に用紙の特徴から、インキを吸いやすく色鮮やかな仕上りは苦手です。用紙本来の色味や、色付きの場合は用紙の色が仕上りに影響します。種類によってはエンボスの柄や質感の影響で、写真や繊細なデザインの印刷に適さないものあります。(例:新だん紙→シワ加工)

手 漉 き 和 紙

これぞ「和紙」という質感と、「手づくりであること」が最大の魅力です。

印刷や加工の難易度が高く繊細なデザインや写真の再現は難しいため、

ワンポイント程度のデザインや箔押しなどと組み合せるとうまく使うことができます。

ちぎり加工との相性も良いため素朴な風合いの表現や、

デザインよりも「和紙であること」や「和」を強調したい場合におすすめします。

お す す め の 用 途

和紙であること、和風の表現を強調したい場合におすすめです。

伝統的な商品のラベル/掛紙/日本酒の帽子(キャップのカバー)

【注意点】用紙の特徴から、インキを吸いやすく色鮮やかな仕上りや繊細なデザインの再現は苦手です。手漉きであるため入荷までに時間がかかり、価格も高めです。

ページの先頭へ↑

和紙印刷に関するお問合せは、メールまたは専用フォームにて承ります。

お問合せフォームはこちら

メールでのお問合せ

株式会社 小竹天瑞堂 〒945-0105 新潟県柏崎市剱266番地 TEL:0257-22-6100 FAX:0257-22-6180 mail:p-creator@tenzuido.co.jp

Copyright(c)2017 by Odake Tenzuido co., ltd. All Right Reserved.