TEL:0257-22-6100 FAX:0257-22-6180

mail:p-creator@tenzuido.co.jp

《大正10年創業 新潟県柏崎市の印刷会社》株式会社小竹天瑞堂 運営

和 紙 へ の 印 刷

私たちの得意分野は和紙印刷です。

和紙の印刷工房(株式会社小竹天瑞堂)の所在地である新潟県は、米どころ・酒どころとして有名な土地であり、豊富な生産量を誇るお米と酒造りに適した気候から酒蔵の数は日本一※です。(※国税庁 清酒製造業の概況・平成26年調査分)

そのような環境のため、古くから和紙を用いることも多い「日本酒ラベルの印刷」を通じて地元の蔵元様のお手伝いをしてまいりました。創業よりおよそ100年経つ今日でも、日本酒ラベルの印刷で培ったノウハウと熟練のオペレーターによる確かな技術で、通常難しいと言われる和紙への印刷に取り組んでおります。

和 紙 と 洋 紙 《 仕 上 り 比 較 》

印刷物に使用される紙のほとんどは「洋紙」に分類されます。「洋紙」は色や階調の再現性が高いことで幅広く用いられ、その一方で「和紙」は印刷自体が難しいこと、色の再現性が低いことなどから印刷物に用いられることが少ないのが現状です。しかし、「和紙」には、独特の質感や風合いがあり、それらを活かすことで印刷物に高級感や個性を生み出すことが可能です。

 

こちらでは、洋紙と4種類の和紙を同じ絵柄(版)でオフセット印刷(4色カラー)し、箔押し加工を施した印刷見本を用意して比較しています。和紙印刷を長く手がけてきた弊社でも、全く同じ版で和紙印刷の仕上がりを比較するのは初の試みとなりました。

 

※印刷見本のサンプル請求を承ります。詳しくはこちら。

◎当社の和紙印刷はすべて「オフセット印刷」で行っています。

始めに洋紙(コート紙)から印刷し、比較のために色や印刷機の調整はほぼそのまま「里紙」「奉書紙」「雲龍」「楮紙」の順で印刷いたしました。そのため、和紙は少しあっさりとした刷り上がりに感じるかもしれませんが、実際の製造においては、それぞれの和紙にベストなインキの柔らかさや印圧などを調整しますので、スミや特色のベタはインキのしっかりのった仕上りとなります。

 

コート紙に比べ少しにじんだような印象の仕上りになる和紙は、その風合いが日本画や水墨画のような絵柄と良く馴染んでいます。また、写真の印刷においては全面に色の入るものよりも白い部分があるものの方が、程よいヌケ感や紙の風合いを感じるため相性が良いようです。

 

※用紙比較用の見本は、当社オリジナル見本をオフセット印刷(プロセス4色カラー)にて製造いたしました。

1.コート紙

上質紙をベースに白色顔料を塗布し、表面を均一にした平滑で光沢のある紙です。

発色や階調、細部の再現に優れ、カラー印刷でよく使用されています。

2. 里 紙

表面、裏面ともに優しい手触りのある質感です。豊富なカラーバリエーションから「ゆき」を使用。

細かい抜き文字も綺麗に出ており、箔押しの細かい部分も意外に再現できています。

生成りのような紙色が日本画、水墨画調の絵柄にマッチして温かみを感じさせる仕上がり。

以下の3種の和紙は100分の3程度印圧を上げています。こちらのみコート紙と同じ印圧ではインキが乗らず、掠れたような仕上がりになるため、他のものより印圧を上げています。

3. 奉書紙

やや青みがかった白色で、上品な印象の和紙です。

今回は平滑な表面に印刷しましたが、裏面のざらざらした手触りを生かすため裏面に印刷する場合もあります。

印刷時には紙粉が出やすく、紙ムケが起きやすい紙です。

仕上がりに影響が出ないようこまめに印刷機の清掃を行いながら製造しております。

4. 雲龍紙

光沢のある繊維がちりばめられた雲龍紙のなかでも、今回は短めでフラットな繊維が入っているものを使用しています。

(繊維の長いものよりもオフセット印刷の適性が上がります。)

繊維の部分は色が乗りにくいのですが、繊維の光沢による華やかさがあります。

5. 楮 紙(こうぞし)

しなやかな手触りで、「これぞ和紙」というような細かな繊維と繊維の固まりがランダムに入っており、

裏面は一番ざらざらとした手触りです。

楮紙には稀に大きな繊維が入ったものがあり、印刷機のブランケットを傷めてしまう恐れがあるため、

支障が出そうな大きさの繊維が入ったものを選り分ける場合もあります。

今回はそういった事情により一番最後に印刷しました。

質 感 や 風 合 い を 活 か し た 仕 上 り

仕上りを比較すると、再現性は「洋紙(比較ではアート紙)」に劣る「和紙」ですが、落ち着いた質感や手触りなど、「洋紙」には真似出来ない風合いを表現できます。

やや沈んでしまう色合いも計算に入れることで、独特の仕上りを得ることが出来るのも和紙の特徴といえます。また、それらの「和紙ならでは」の特徴を求められるお客様とともに、当社の和紙印刷の技術は磨かれてまいりました。

目的やご希望の仕上りに合わせて

適した和紙や印刷方法をご提案いたします。

 

「4色カラーで華やかなデザインに」「単色でシンプルな表現に」などの仕上りイメージから、

「こんな和紙に印刷したい」「和紙に合わせてデザインしたい」というような場合も、

それぞれに合わせた印刷方法や用紙をご提案いたします。

ページの先頭へ↑

《解 説》オフセット印刷とは?

◎プロセス4色カラー

オフセット印刷はカタログやチラシ、写真集など一般的なカラーの印刷物で広く用いられる方式です。大小の差がついた4色の小さな点(網点)で濃淡や階調を再現し、C(シアン/藍)・M(マゼンタ/赤)・Y(イエロー/黄)・K(黒)の4色のプロセスインキの重なりで様々な色調を表現します。金属製の刷版にレーザーで刻まれる網点はとても小さく繊細なため、細かい文字やグラデーションや写真に適した印刷方式と言えます。

 プロセス4色カラーのイメージ

 1〜4色の比較

1色(モノクロ)印刷や2色印刷はコストを抑えたい場合に利用される事が多く、チラシなどでよく見られます。3色印刷は4色にかなり近く見えますが、K(黒)を使用しないため写真では影の締まりが弱くなり、スミ(黒)文字も3色を重ねた「黒っぽい文字」にするしかないため、全体的にシャープさに欠けてしまいます。

◎特色印刷

特色印刷は、4色の重なりで色を表現するプロセス4色とは違い、「特定の色のインキ」を使用します。プロセス4色では表現できない彩度の色、メタリック、蛍光色など様々な種類があります。色によりますが、諧調や濃度差の表現も可能です。1色での使用の他に組み合わせ次第で様々な表現ができたり、コスト削減に役立つ事もあります。

 使用例:特色1色

 使用例:特色+K(黒) ※グレーは黒の網点濃度を変えて表現します。

 使用例:特色3色

和 紙 印 刷 の 難 し さ

「和紙へのオフセット印刷は難しいのか?」その疑問にお答えします。

一般的に言われている和紙への印刷が「難しい」のはなぜか、小竹天瑞堂が「和紙印刷が得意」な理由とは...

「和紙印刷の難しさ」を詳しく見る

ページの先頭へ↑

和紙印刷に関するお問合せは、メールまたは専用フォームにて承ります。

お問合せフォームはこちら

メールでのお問合せ

株式会社 小竹天瑞堂 〒945-0105 新潟県柏崎市剱266番地 TEL:0257-22-6100 FAX:0257-22-6180 mail:p-creator@tenzuido.co.jp

Copyright(c)2017 by Odake Tenzuido co., ltd. All Right Reserved.